「環境」就職・進路相談会とは

■環境問題に関心のある学生は近年増加傾向
環境問題への関心が、大学生の中でも高まっています。 日本の各大学にも環境関連の学部・学科・コース等が700以上設置され、また、大学の環境サークルも150以上設置されています。 「環境問題の解決に繋がる仕事」を目指し、仕事を通じて環境問題に携わりたい、という学生も年々増加しています。
■しかし、環境関連の仕事に対する情報は不足
環境の仕事には関心があるが、漠然としていたり、イメージのみで仕事を考える学生が多いのもまた事実です。逆に言えば、関心のある学生数の増加に比べて、環境問題に携わる仕事の情報は不足していると言えます。 当企画の過去のアンケートを見ても、「エコプロダクツ全日にかけて開催していただきたい」「このようなイベントをたくさんやって欲しい」との声を頂いております。
■環境分野の集団OB訪問、「環境」就職・進路相談会を開催!
そのような背景を元に、エコ・リーグでは、意識の高い社会人と学生が手を取り合って、「環境の仕事」のリアリティをより多くの学生に知ってもらうおうと、環境就職と進路についての相談会を、10年前より開催しています。 その特徴は、極めて「OB訪問」に近く、採用には直結しません。 環境問題への想いは人一倍ある。でも、何が出来るのか分からない。 そんな学生に対して、社会人がその想いを受け止めます。